放射線の専門家になる|医療事務講座で知識を詰め込め|未来の蓄えに

医療事務講座で知識を詰め込め|未来の蓄えに

放射線の専門家になる

男性

放射線による検査と治療

現在の医療現場において、検査と治療の為には放射線が欠かせません。診療放射線技師は、医師の指示の元にX線や高エネルギー放射線を人体に放射する事が出来る有一の医療技術者です。診療放射線技師は、医療技術者として様々な医療機器の取り扱いが求められる職業で、その他にも、医学的知識と理工学的専門知識が必要になります。放射線を使用する検査や治療は数多くあります。一般的に知られるレントゲンと言われるX線撮影、消化器官造影検査、CT検査、MRI検査、乳房撮影(マンモグラフィー)などは全て診療放射線技師により行われています。また、その以外にも超音波や骨密度検査、血管検査など、幅広く放射線を取り扱うのが診療放射線技師であり、放射線の専門家と言えます。

医療現場の高学歴化

診療放射線技師は検査結果を的確に医師に伝える重要な仕事で、現在の医療現場では不可欠な存在になっています。診療放射線技師になるには、国家試験を受けて合格しなければなりません。そして、まず最初に国家試験を受ける為の受験資格を得る事が求められます。その為には、指定の養成学校と言われる3年制の専門学校か短期大学、又は、4年制の大学か専門学校に通い卒業する必要があります。かつて、養成学校と言えば短期大学か専門学校でしたが、現在では4年制大学に進む傾向が高くなっています。その背景には、医療が複雑化したり、より専門性を求めるようになった事があります。最近では薬学部が6年制になりましたが、医療現場では大学院などを含め高学歴化が進んでいます。