東洋医学から様々な分野へ|医療事務講座で知識を詰め込め|未来の蓄えに

医療事務講座で知識を詰め込め|未来の蓄えに

東洋医学から様々な分野へ

男女

資格の概要と歴史的経緯

あん摩マッサージ指圧師は、文字通り「あん摩」「マッサージ」「指圧」を行うために必要な国家資格です。特に「マッサージ」を標榜して施術を行う際には、あん摩マッサージ指圧師資格が必要です。分野としては医療系で、とりわけ東洋医学系に分類されますが、医療機関や福祉施設でリハビリテーション関係者として勤務することもできます。また、治療院などの施術所を開業することもできます。歴史的な経緯から、視覚障害者の主な職業の一つとなっており、多くの盲学校の「理療科」と呼ばれる学科であん摩マッサージ指圧師の資格を取得することができます。健常者があん摩マッサージ指圧師を目指す場合は医療系の専門学校で3年以上学んで卒業することが必要です。

広がる様々な可能性

あん摩マッサージ指圧師は、しばしば「はり師」と「きゅう師」の資格と併せて取得され、三つの資格を持つ人のことを「鍼灸マッサージ師」や「三療師」などと呼ばれます。鍼灸と併せることで治療・施術を幅広くすることができ、独立・開業の際に有利となります。また、あん摩マッサージ指圧師は介護分野との関連も深いです。福祉施設では機能訓練指導員として勤務することができるほか、あん摩マッサージ指圧師として5年以上の実務経験を積むことで介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得ることができます。更に、スポーツ関係との関連もあります。スポーツマッサージのほか、テーピングの技術を習得しておくことで治療の幅を広げることにもつながります。このようにあん摩マッサージ指圧師には様々な可能性が広がっています。